CREBIAで使用している脂肪冷却機がどんな物なのかについてお伝えします

こんにちは、伊勢崎エステサロンCREBIAです!

本日はCREBIAで使用している脂肪冷却機についてお伝えしていこうと思います。

CREBIAではクライオとショックプレッシャーという機械が付いています。

クライオセラピーとは、ハーバード大学が発案した新しい脂肪減少術となります。

脂肪組織は他の組織よりも低温に弱く4℃で凍り、老廃物となります。

皮膚や血管などにダメージを与える事なく脂肪細胞だけが減少します。

その後4〜8週間かけて徐々に体の外に排出されます。

クライオセラピーの後に使用するショックプレッシャーとは、音速を変えるスピードの圧力波を体内の深いところに伝えます。

そして凍った脂肪を破壊していきます。

カチカチの氷を崩していくようなイメージです。

脂肪細胞を凍らせるだけでももちろん痩身効果はありますが、この施術を行う事で更なる脂肪除去効果、排出効果を高めます。

結構やリンパの流れが促進され、代謝アップ、コラーゲン生成、肌の若返りなどにも作用します。

元々はハーバード大学で肥満患者の為に開発されたマシンなので効果は絶大です。

ヨーロッパではサロンの他、広く医療用としても普及しています。

クライオセラピー、ショックプレッシャーによる施術は痛みもなく、傷もなく、楽に部分痩身、アンチエイジング効果を得ることが出来ますし、そして何より目に見える効果が持続します。

部分痩せのできる脂肪冷却、ぜひこれから痩せたい、どんな方法で痩せればいいか迷っている方、ぜひ一度ご相談ください!

ご予約お待ちしております。

関連記事

PAGE TOP